奥出雲高原トマト / 奥出雲農園 島根県仁多郡奥出雲町




奥出雲高原トマトは、みなさまに安心して食べていただけるように、安全性と品質に万全を期すように心がけております。
大規模な設備とコンピュータシステムでの制御管理により、たくさんのトマトの開花から収穫までを一元管理できますが、それとともに、人の目で確かな安全性と品質を保ち出荷できるようにしております。
わたしたちが自信を持って育てたトマトを、より多くのみなさまに召し上がっていただけることを楽しみにしています。



奥出雲の天然の雪解け水を利用し、トマトを甘くみずみずしく育つようにしています。水質の管理にも万全の体制をとっています。




トマトの土には、やしがら(ヤシの実の皮を砕いたもの)を利用しています。
これはリサイクル可能な有機培土です。




受粉は、クロマルハナバチに行ってもらっています。農園内には20以上の巣箱があり、およそ2000匹のハチがせわしく働いています。
ハチによる受粉はより自然な環境でのトマト栽培ができます。




大規模なコンピューターと機械設備を使用するのと同時に、常に人の目による管理と手作業で安全性と品質を維持しています。
確かなプロの目で、確かなトマトのみが出荷されます。




大型の冷蔵庫を配備しており、発送用のトラックも温度管理を行っております。
これにより、トマトを新鮮な状態のままお店までお届けできます。




隙間0.4ミリの防虫ネットを使用しており、ハウス内には随所に捕虫粘着板を配備しています。防虫対策を万全にすることにより、農薬の使用頻度を最低限に抑えることができます。